Diary-1950

商品情報や新着情報をお届けします!!
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 05月 13日 ( 1 )
Frank Lloyd Wright
Wisconsinはライトの生まれた街、
今回は時間を作ってライト建築巡りを!

先ず訪れたのは
'Robert.M.Lamp House'(1903年)
ダウンタウンの通りから少し路地を入ったその奥に
f0124725_21334883.jpg

一般の方が普通に生活してるので外観だけ失礼しました。
f0124725_21344224.jpg

入り口には
f0124725_21351031.jpg
街に馴染んでるんですが何とも存在感が、
ここは車が無くても歩いて行ける街の真ん中なんでMadisonに行く機会が有ればお薦めです。
しかもレア物件ですよ。


'UNITARIAN MEETING HOUSE' (1947年)
ここはユニタリアンのチャーチですね。
後期の作品になりますが、生まれ故郷のMadisonにひたすら無言のオーラを放つこの建物、
この写真を撮ってる時、通りすがりの地元の方が「誰が作ったか知ってるか?」みたいな事を言われたんで「YES」って返したら、嬉しそうに頷いてました。
きっとFrank Lloyd Wright はこの街のシンボルであり誇りなんでしょう
f0124725_21361575.jpg
ガラス越しにパイプオルガンのパイプが薄らと見えますかね
f0124725_21393072.jpg


f0124725_2137489.jpg
中に入ると静寂の中女の娘がクラリネットを吹いてました。
あまりにも静かな為、息継ぎの時に息を肺に吸い込む音が印象的だったな〜


'JACOBS HOUSE 1' (1936年)

ここは通りで一際異彩を放つというか、前を通ると思わず
「何この家、カッコいい〜」って感じですね。
これまた無言のオーラがビンビンです。
f0124725_21401448.jpg


角地なんで裏の方も横から少し失礼して1枚
f0124725_21404723.jpg
この場所でダウンタウンから車で20分位ですから羨ましい。 普通に通勤圏内です。 
東京でも建築は何とかなりますが、ロケーションが、、、

'JACOBS HOUSE 2" (1948年)
最後に訪れたのがここ
森の中にひっそりと佇むRを施したJACOBSさんの2番目の家です。
f0124725_2142962.jpg

こちらももちろん普通にお住まいの方がいらっしゃいます。
f0124725_21424872.jpg

入り口のところのこの建物ですが
f0124725_2141291.jpg
離れ、ガレージ?? 勉強不足でスンマセン


ん〜今回も刺激に満ちた良い度に鳴りそうです!

買い付けは??
って
ちゃんとやってますよ!!
by gallery_1950 | 2011-05-13 23:35